父の日贈答品プレゼント/ギフトに最適、清水焼の老舗が心に響く和食器を厳選販売。創業安政二年(1855年) 年中無休で日本最速お届けに挑戦中!
Shipping to overseas, shipping fee is free if you purchase over 10000 yen.

ストアトップ 買い物かご お問い合わせ お支払い・送料 店舗情報 ご注文方法 お客様の声 メルマガ 三年坂からこんにちは
○5000円以上送料無料 ○3時までの注文当日発送○ラッピング代無料○初回購入 1000ポイント進呈 ○Page translated into English is here.
京焼清水焼いのししの器特集京焼清水焼鳥獣戯画の器

商品カテゴリー
カートの中
  • カートの中に商品はありません
    
再入荷情報ブログ

三年坂

清水焼松韻堂店長画像

こんにちは 店長の谷口です。私が更新しています。京都生まれの京都育ち。本職はロクロ師です。
日常使いのうつわとして今月も京の手作りの器、京焼き清水焼をご提案してまいります。

本日もどうぞよろしくお願いします。


松韻堂 安心のお買い物
◆ごあいさつ
◆買い物かごを見る
◆お支払い方法
◆お届けと送料
◆お客様の声
◆ラッピングについて

◆よくある質問

◆サイトマップ
◆新着・再入荷のお知らせ
◆窯元紹介




清水焼鬼,福鬼,節分の器
鬼の器・節分に♪
清水焼木賊の器
シンプルな縦縞♪
コウノトリの器
コウノトリの器♪
秋をいろどる器
秋をいろどる器たち!
おしどり
夫婦円満の鳥
清水焼こうもりのうつわ
幸せになるこうもり♪
清水焼の網目模様
長生きの網目模様
清水焼左馬の器
戦に勝つ!左馬
清水焼だるまの器
七転び八起きのだるま!
清水焼フクロウの器
ふくろうは苦労知らず。
清水焼とんぼの器
勝ち虫、とんぼの器。
清水焼青磁の器
雨過天晴の青、青磁。
清水焼縁起の良い器
縁起の良い絵柄。
清水焼秋の器
秋の桜は乙女心
清水焼金魚の器
金運を向上させる金魚!!
清水焼うさぎの器
ぴょんぴょん跳ねる兎♪
清水焼クローバーの器
福を招く四つ葉のクローバ


黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽

15,800円(税込)

商品番号 3305
定価 15,800円(税込)
販売価格 15,800円(税込)
在庫数 お買い上げいただきました。
この商品について問合わせる 買い物を続ける アフィリエイトリンク作成


黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽
黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽

作品の魅力

楽焼窯元芳楽の楽 道入の名碗 稲妻の写し。

芳楽は楽入のもう一つの銘。
稲妻は御題光にあうことから、
勅題茶碗として作られた一碗です。

堂々とした豊かな大きさ。
腰から高台回りにかけてかかった朱色の釉斑が
と黒釉の混じり合いが美しい黒楽です。


黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽 黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽 黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽
名碗 稲妻
楽道入、通称、のんこうは安土桃山から江戸時代初頭にかけての楽家の三代目当主で、黒釉茶碗に妙技をふるった中興の祖的存在です。

稲の妻
稲妻は稲の妻から生まれた言葉稲の実のなる時期に雷が多いことから、雷光が稲を実らせる。つまは古くから夫婦や恋人、性別関係なく使われた言葉で、稲の夫の意味です。
手触り
人の手で形を出した形状は丸味と指筋を帯び、手に優しく、しっとりとなじみます。楽焼き土の暖かみを活かした京都で生まれ育った焼き物です。
虎の抹茶碗 黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽 黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽
のんこう七種
獅子、升、稲妻、鳳林、若山、鵺、千鳥となる名碗七種の一つです。


朱と黒
黒釉に銅成分が加えられ、鈍い朱色の釉斑が筋を引きながら黒釉と混ざり合って流下する景色は
さながら、天を切り裂く稲妻を彷彿とさせます。
【オススメのご用途】
◎初釜に・新年の茶会に
◎海外へのお土産
◎各種記念品として
上の写真はクリックすると大きくなります。

◆商品番号 3305 黒茶碗 稲妻 のんこう写 芳楽
■寸法 直径12cm×高さ8cm 重さ310g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。

陶歴 吉村楽入

二代 楽入
昭和4年生まれ
 昭和23年京都府陶工訓練所終了。以後、父甚四郎に師事、楽入を継承。
京都楽窯会所属。昭和60年4月、同会会長に就任

三代 楽入
1959 二代楽入の長男として京都に生まれる
1982 同志社大学経済学部卒業
1983 京都市工業試験場伝統産業後継者育成陶芸コース修了
1984 京都府陶工訓練校成型科卒業・以降、父 二代 吉村楽入に師事
1986 陶芸集団チェラミスタに参加
1989 以降、グループ展に多数出品・作品工房 楽入窯を創始し主宰する 
1993 京焼清水焼パリ展に出品し入選
2000 泉涌寺熊谷龍尚師より重生印拝領・以降、重生銘にて作陶活動
2002 吉村重生展(高知大丸・博多大丸)

2003 吉村重生茶陶展 (京都高島屋)
2004 萬福堂 吉村楽入を襲名


取り扱い方法

手洗い    ◎
食洗機    ×
乾燥機    ×
電子レンジ ×
オーブン   ×
直火     ×
黒楽茶碗 稲妻

楽家三代道入(ノンコウ)作

この茶碗を印象づけているのは、総体に厚く流れるように掛かった黒釉であり、その漆黒の釉に光芒のようにあらわれる朱釉の景色のあざやかさで、表千家四代家元江岑宗左により「稲妻」と銘をつけられたノンコウ七種の内に数えられる道入傑出の名碗である。朱釉といえば、ノンコウの長男一入の釉技として知られるが、ノンコウの晩年頃には、すでに始まっていたことが、この茶碗により窺われる。

ノンコウ七種 
黒楽 稲妻 升 千鳥 獅子
赤楽 鵺 若山 鳳林


この商品を買った人はこんな商品も買っています


 

           特定商取引法に基づく表記 | 支払い方法について | 配送方法・送料について | プライバシーポリシー
Copyright(C) 2007-2019 Shoindo All rights reserved.