贈答品プレゼント/ギフトに最適、清水焼の老舗が心に響く和食器を厳選販売。創業安政二年(1855年) 年中無休で日本最速お届けに挑戦中!
Shipping to overseas, shipping fee is free if you purchase over 10000 yen.

ストアトップ 買い物かご お問い合わせ お支払い・送料 店舗情報 ご注文方法 お客様の声 メルマガ 三年坂からこんにちは
○5000円以上送料無料 ○3時までの注文当日発送○ラッピング代無料○初回購入 1000ポイント進呈 ○Page translated into English is here.
京焼清水焼いのししの器特集京焼清水焼鳥獣戯画の器

商品カテゴリー
カートの中
  • カートの中に商品はありません
    
再入荷情報ブログ

三年坂

清水焼松韻堂店長画像

こんにちは 店長の谷口です。私が更新しています。京都生まれの京都育ち。本職はロクロ師です。
日常使いのうつわとして今月も京の手作りの器、京焼き清水焼をご提案してまいります。

本日もどうぞよろしくお願いします。


松韻堂 安心のお買い物
◆ごあいさつ
◆買い物かごを見る
◆お支払い方法
◆お届けと送料
◆お客様の声
◆ラッピングについて

◆よくある質問

◆サイトマップ
◆新着・再入荷のお知らせ
◆窯元紹介




清水焼鬼,福鬼,節分の器
鬼の器・節分に♪
清水焼木賊の器
シンプルな縦縞♪
コウノトリの器
コウノトリの器♪
秋をいろどる器
秋をいろどる器たち!
おしどり
夫婦円満の鳥
清水焼こうもりのうつわ
幸せになるこうもり♪
清水焼の網目模様
長生きの網目模様
清水焼左馬の器
戦に勝つ!左馬
清水焼だるまの器
七転び八起きのだるま!
清水焼フクロウの器
ふくろうは苦労知らず。
清水焼とんぼの器
勝ち虫、とんぼの器。
清水焼青磁の器
雨過天晴の青、青磁。
清水焼縁起の良い器
縁起の良い絵柄。
清水焼秋の器
秋の桜は乙女心
清水焼金魚の器
金運を向上させる金魚!!
清水焼うさぎの器
ぴょんぴょん跳ねる兎♪
清水焼クローバーの器
福を招く四つ葉のクローバ


赤絵 玉取獅子 皿 8寸

28,000円(税込)

商品番号 2067
定価 28,000円(税込)
販売価格 28,000円(税込)
購入数
この商品について問合わせる 買い物を続ける アフィリエイトリンク作成


【京焼 清水焼】赤絵玉取獅子皿 8寸
京都の京焼清水焼の窯元松泉の赤絵 玉取獅子 皿 8寸です。
【京焼 清水焼】赤絵玉取獅子皿 8寸
松泉さんは山水古紋や赤絵など純京焼風の伝統的な絵柄を最も得意とされています。
もともとこの絵柄は中国で明時代に焼かれた呉須赤絵を京焼の陶工がアレンジしたものです。
【京焼 清水焼】赤絵玉取獅子皿 8寸
赤絵と一言に言っても南京赤絵や萬歴赤絵など種類も多く
呉須赤絵の特徴は呉須を絵柄の一部に使っていると言うだけでなく、
粗放な赤絵の筆使いなどの画風から見分けているようです。
【京焼 清水焼】赤絵玉取獅子皿 8寸
見込みのの中央に描かれた大きな玉取獅子は鳳凰と並び、
赤絵の中でも最も上手とされる絵柄です。
よくコチョコチョと描いてパグみたいなどんな獅子面か読み取れないのが多いのですが、
絵描きの力量があるため はっきりと目鼻が読み取れます。(堂々とした品格のある獅子です)
【京焼 清水焼】赤絵玉取獅子皿 8寸
通常の皿より深みがあるので相当のお汁ものも盛れます。
これにパスタを盛りつけてお客様に供される店を知っています。
【京焼 清水焼】赤絵玉取獅子皿 8寸
だいたい7寸あたりから、磁器の皿をロクロで作るのが最も難しいとされています。
作れる人の数も減っていってるなかで、土山松泉さんはとても貴重な人です。
皿の裏に描かれた緑の○紋です。裏の絵柄だけでも十分楽しめます。
【京焼 清水焼】赤絵玉取獅子皿 8寸
伝統的な清水焼の絵柄ですが、古くささを感じないのは私が日本人だからでしょうか?
土山松泉作の呉須赤絵獅子紋大皿は個人的に非常に好きな器です。


◆商品番号 2067 赤絵 玉取獅子 皿 8寸

写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。

■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径24.5cm×高さ6cm 重さ890g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。


土山松泉 陶歴

昭和8年 初代 恭泉の四男として生る
昭和28年 京都市立伏見高等学校窯業科卒業
昭和30年 二代目久宝に師事
昭和33年 京都府陶磁器青年部作陶展に出品し市長賞 受賞
昭和39年 独立して紫野、高桐院住職義山師より松泉と命名され以後茶道具を志す
昭和51年 第三回京都府伝統工芸技術コンクールに出品し知事より優賞を受賞
昭和52年 第四回京都府伝統工芸技術コンクールに出品し知事より優賞を受賞
昭和53年 第五回京都府伝統工芸技術コンクールに出品し知事より優賞を受賞
昭和55年 優賞を三回受賞につき、以後毎年工芸産業技術コンクールに招待出品
昭和59年 第六回京焼清水焼展に出品し奨励賞を受賞
昭和60年 第七回京焼清水焼展に出品しKBS京都賞を受賞
昭和61年 第八回京焼清水焼展に出品し奨励賞を受賞
昭和62年 第九回京焼清水焼展に出品し奨励賞を受賞
平成元年  第十一回京焼清水焼展に出品し伝統的工芸品産業技術振興協会会長賞を受賞
平成二年  京都高島屋にて個展
平成二年  第十二回京焼清水焼展に出品し京都信用金庫理事長賞を受賞
平成四年  伝統工芸士に認定
平成五年  第十五回京焼清水焼展に出品し平安建都千二百年記念協会会長賞を受賞
平成六年  第十六回京焼清水焼展に出品し京都銀行頭取賞を受賞
平成八年  第十八回京焼清水焼展に出品し京都陶磁器協会理事長賞を受賞
平成十年  第二十回京焼清水焼展に出品し伝統的工芸品産業技術振興会会長賞を受賞
平成十年  京都府伝統産業優秀技術者(京の名工)として知事より表彰される
平成十年  第一回日本伝統工芸士会作品展に入賞
平成十一年 沼津御用邸記念公園東附属邸に茶道具を寄贈し沼津市長より感謝状を頂く
平成十二年 第二十二回京焼清水焼展に出品し、京都市観光協会会長賞を受賞
平成十三年 第二十三回京焼清水焼展に出品し、京都陶磁器卸協同組合理事長賞を受賞
平成十四年 第二十四回京焼清水焼展に出品し、京都商工会議所会頭賞を受賞
平成十六年 秋の叙勲 天皇陛下より瑞宝単光章を賜る

現在 京都の陶芸の流れを研究し
特に古染付、祥瑞、赤絵等磁器の伝統技術の手法に力を入れ
茶道の道具類と懐石料理の高級食器類を得意の秘技とする様、努力し制作に専念す。 
                 伝統工芸士 土山 松泉



 

           特定商取引法に基づく表記 | 支払い方法について | 配送方法・送料について | プライバシーポリシー
Copyright(C) 2007-2018 Shoindo All rights reserved.